背中ニキビ ケア

背中ニキビのケア対策は肌を保湿すること

 

見えない所に出来るだけに、余計気になる背中ニキビ。
ブツブツ赤くて、かゆいですしドレスや水着も気になってキレイに着こなせません。

 

入浴後に化粧水やボディローションで保湿していますか?
皮膚は乾燥すると表面がガサガサしてきて、外から雑菌が入りやすくなります。

 

細菌が毛穴の奥に入って毛穴が詰まり、そこに皮脂が混ざってニキビが出来るのは、背中ニキビも顔にできるニキビも同じです。

 

そこで、雑菌が入り込まない、潤いのある肌を作ることが大切です。
入浴後には化粧水やローションなどのスキンケアで保湿し、肌が乾燥しないようにしましょう。

 

また、通気性も大事です。背中は通常服で覆われているので、手や足に比べて通気性が悪いですね。
通気性が悪いと雑菌が繁殖しやすい環境になり、背中ニキビを作る原因になってしまいます。
時にはゆったりした服を着るとか、綿等の通気性の良い服を着るようにしましょう。

 

背中ニキビは、体内からの分泌物で出来るより、乾燥した肌に外からの刺激や汚れが付くことによって出来るものです。

 

また、お風呂でも自分で洗いにくい所なので、皮脂や汚れが残ってしまいがち。ニキビが出来やすい環境なのです。そして、シャンプーやコンディショナーなどを流し切れないと、背中にその成分が付いたままになってしまい、それが皮膚刺激になってしまいます。

 

特に髪の長い人は、コンディショナーの成分だけでなく、毛先が背中に当たることも背中にダメージを与え、雑菌が入りやすくなってしまいます。髪を洗う時はすすぎを念入りにしましょう。

 

同時に、肌着も綿などの通気性が良いものを選び、柔軟剤を使わないなどして、皮膚への刺激を減らすようにすると、背中ニキビを予防することが出来ます。

 

 

背中ニキビケアにお勧めのスキンケア

 

背中ニキビをケアするにはスキンケアを使うことも治し方のひとつ。
どのようなスキンケアが肌にいいのか、それは保湿成分で潤いをもたらす物です。

 

ニキビ対策に、化粧水やボディークリームなどを使用している女性も多いですが、特にお勧めしたいのが背中ニキビ専用に作られたスキンケアが好ましいです。

 

乾燥してニキビができた肌に潤いや栄養ある美容成分を与えて、肌を生まれ変えさせてくれるものなので、市販のニキビ薬よりも効果が高いと評判です。

 

背中ニキビケアで大切なことは、食事や睡眠など生活習慣を正して、肌を保湿するスキンケアで対策していくことです。体にできたニキビは簡単にすぐに治るわけではありませんが、毎日マメにケアしていくことが大切です。

 

背中ニキビが改善されて、キレイな肌を取り戻すと自分に自信がつき、ドレスや水着なども堂々と着れます。毎日コンプレックスやストレスを感じることもなくなるでしょう。

 

ニキビのない美しい背中を取り戻して、素敵な生活をおくりましょう。